Raspberry Pi EtcherでRaspbianをいれてみよう!

Etcherを使う方法

※ この記事は2018年8月現在の物です。

EtcherとはシングルボードコンピューターのためのRaspbianなどのOSをマイクロSDカードに書き込むためのソフトです。

(一部、Tiker Bord Sなどのシングルボードコンピューターでは、マイクロSDカードを使わずに、基板内のeMMCにEtcherを使ってOSをインストールできます。)

RaspbianとはRaspberry Piの公式オペレーティングシステムです。

EtcherのダウンロードからRaspbianのインストールまで

実際にインストール作業をしながら説明してゆきます。

※ ここからはRaspberry Piをラズパイと書いていきます。

パソコンでの作業

最初にSDカードフォーマッターでフォーマット済みのマイクロSDカードをパソコンにセットします。

※参考

Raspberry Pi マイクロSDカードを準備しよう!

 

次にパソコンでEtcherをダウンロードします。

私はWindowsを使っているのでそちらで説明します。
ブラウザーはGoogle Chromeです。画像はChromeで自動翻訳されたものを使用しています。

Etcherのサイトにアクセスします。

Windows x64のダウンロードをクリックします。

Chromeの場合警告画面が出ますが気にせず保存します。

ダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたフォルダーを開き、
Etcher-Setup-1.44-x64をクリックします。

Windowsの確認画面が現れた後、ライセンス契約書の画面になります。
同意するをクリックします。

インストールが完了したら、Etcherが自動的に起動します。

Raspbianのダウンロード

まずラズパイの公式サイトにアクセスします。

ダウンロードの画面を開くとこのようなところがあります。

ラズビアンをクリックします。

次にあらわれるのはこんな画面です。

「ダウンロードZIPをダウンロード」をクリックするとダウンロードが始まります。

Raspbianのインストール

Etcherを起動します。

Select imageをクリックすると、インストール可能なファイルが表示されます。

raspbian-stretchをクリックします。

以前のEtcherはここでdrive選択でしたが、最新のものは使用可能なdriveを勝手に選択してくれます。

Flash!をクリックします。

書き込みが始まります。

完了です。30分くらいかかったでしょうか。

マイクロSDカードをパソコンから安全に取り外します。

Raspbianを起動する

ラズパイをセットする

参考

Raspberry Piを起動する前に

 

Raspbianの入ったマイクロSDカードをラズパイにセットする。
ラズパイの基盤の裏側にセットします。

マイクロUSBに電源を差し込んでラズパイを起動します。

 

インストールの完了です。

このままでは英語画面です。
タイムゾーンなどの初期設定もまだです。

次回は、初期設定と日本語化をしたいと思います。

「Raspberry Pi EtcherでRaspbianをいれてみよう!」への2件のフィードバック

  1. 丁寧な説明、ありがとうございます。
    このサイトに従って初めて、SDカードのフォーマットとOS書込ができました。
    Raspberry Pi 3B+で使用します。
    他のサイトも見ましたが、手こずっていました。
    一か所でも詰まると、その日に通過することができませんでした。
    助かり、できる事が増えました。
    再度、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。