ハムスターを購入してみた

初心者がハムスターを家族にするまで

ペットを飼いたいのだが・・・

ペット愛好家は「イヌ派」と「ネコ派」が多数なのではないでしょうか?
私の実家も柴犬を飼っていましたので犬の良さは知っているんです。
犬は本当に飼い主に忠実で以心伝心というのでしょうか?まさに家族ですよね。
私が犬を飼っていて感じたデメリットとしては散歩のときの糞拾いが面倒なことくらいでしょうか(笑)

それ以外にも幼少のころから、昆虫、亀、蛙、タニシ、インコ、金魚・・・と、思い返すと自分のペット遍歴が意外と多いことに気が付き、自覚している以上にペット好きなんだなぁと我ながら感心いたします。

今回は趣向を変えてネコに挑戦したかったのですが、住居の関係上そうもいかない・・・。
じゃぁハムスターはどうだろう?ええ?ハム君じゃコミュニケーションとれないのでは?つまらなくない?
そんな風にも考えていたのですが、結局私はハムスターを購入してしましました・・・。

ハムスターを扱う店がわからない

少し話をもどします。
とりあえずハムスターを見てみようと思ったのですが、よく考えてみると近所にあるのは犬猫の店ばかり・・・。ハムスターを扱う店の心当たりがない。

こんな時はネット社会ですからgoogle検索ですよね!

結果私は札幌市内のペットショップ小泉さんを選びました。 場所はこちら
この店は北24条という市内屈指の飲み屋街にあるんですね(笑)
アクセスは地下鉄北24条駅からすぐなので、特に迷うこともないと思います。

なにはともあれまずはお店にGOですね。

ペット選びは直感で

店内に入ると所狭しと小動物が並んでいます。文鳥、インコ、ハムスター、リス、モルモット・・・大きな店ではないのですが、種類は豊富です。

中には入荷したての子たちもいます。ひな鳥を手乗りに育てたい(笑)

しばらく店内を見まわしているとハムスターの新規入荷の子を見つけました。
まだダンボールに入っています。ゴールデンという種類らしい白い子たち。
そのうちの一人と目があったんですね~。
即決でこの子にしました。

メスです。

ちなみに一匹で飼うとハムがさみしかろうと思ったのですが、複数飼うと際限なく増殖するのでやめたほうが良いとのことです。

子供の時メスに見えても実はオスだったなんて見間違いもあるそうで、複数飼いは危険だそうです。

ところで、こ奴のお値段は1000円くらいでした。(ケースのほうが高い)なんとも微笑ましい価格帯です。

最初にそろえたもの

この店はとても丁寧な説明をしてくれたので、私はこの店の店員のお兄さんにすべてお任せしましたが、初期準備として購入したのは以下でした。

  1. ゲージ(回転するおもちゃ付き)
  2. おがくず
  3. 餌  
  4. かじって遊ぶ枝  
  5. トイレ
  6. トイレ砂
  7. きゃべつ
  8. 水飲み(ゲージ付属のものがあまりよくなかったので)

こんなところでしょうか。ちなみにハムスター自体は販売してなくても、備品類は近所のDIYショップにおいてあるケースもあるので、探してみるとよいと思います。地域情報ではビバホームで扱っていました。

私の場合、ゲージは5000円~6000円くらいですが、あとのものはそれぞれ数百円ですね。ネットだともう少し安く手に入るかもしれません。

楽天で調べる

ハムスターを飼ってみて

基本夜行性なので、昼間はほとんど寝ています。
夜になるとゲージの網をガジガジかじってうるさいです。
餌は穴を掘って隠してしまいますし、結構やんちゃです。

でも大好きな煮干しを手渡しで上げると、手と口でうやうやしく受け取ったりしてかわいいところもあります。
なんとなくコミュニケーションとれますよ。

ちゃんと家族感があります。よろしかったら皆様もハムちゃんをご検討下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。