Home

ご訪問頂きありがとうございます。

ここは何のお店かについて

実は特に販売を目的にしているわけではありません。

一応、物を売ったりする計画もあります。

将来活動の拠点となるスペースがあったらいいなぁとか、夢のようなことも考えてはいます。

でも、

活動目的は、私と同じ立場の大人の発達障害者とつながる。

なるべく多くの一般の方と出会う。

就職だけではなく仕事そのものを探す、作る。

そして発達障害でも有意義に生活することを目標としています。

ほら、変なタイトルの漫画なんかがあるではないですか?

そんな感じで「店」という言葉を使って自分たちのスペースを作ってもよいのではないかと思いこの名前にしました。

ただ目の前にある課題をクリアしていけば、本当にお店になるかもしれませんね。

その時は何屋さんになっているのやら・・・。

カシキヤ姫ってだれなの?

カシキヤ姫は推古天皇の若い頃の名前です。

聖徳太子と蘇我馬子を従えた女帝ですね。

カシキヤは「炊屋」と書きます。

フルネームは「豊御食炊屋姫尊(とよみけかしきやひめのみこと )」

煮炊きの上手なお姫様の意味だそう。

姫は実際には料理はしなかったと想像されていますが、「実は個性派のツートップが喧嘩しないように、料理を振舞って骨抜きにしていたのが推古朝が栄えた最大の理由!」だったら面白いですよね。

私はコミュニケーションが苦手なので、聖徳太子と蘇我馬子の間を絶妙なバランスで取り持っていた推古天皇を尊敬しているんです。