Raspberry Pi マイクロSDカードを準備しよう!

マイクロSDカードの準備

ラズパイはマイクロSDカードにOSを書き込みます。(応用で例外もあります)
ここでは私がwindows10を使っているのでWindowsでのやり方を説明します。

マイクロSDカードの選び方

マイクロSDといっても容量の大きなものは結構値が張ります。
購入してから容量が足りなかったり、ラズパイが起動しないのではがっかりします。

どんなものを選べばいいのでしょうか?

マイクロSDカードの種類、容量

マイクロSDには

  • microSD
  • microSDHC
  • microSDXC

とありますが、ラズパイに使うのならmicroSDHCでいいと思います。

容量は普通に使うなら8Gでいいと思います。
4Gだとかなり心配。16Gだと安心といったところだと思います。

マイクロSDカードの読み込み速度も速いほうがいいので、CLASS10の物を選ぶとよいと思います。
同じCLASS10でもメーカーによって差があるようです。
私はそこまで検証しきれませんが、ネット検索すると検証している方もいるようなので、参考にしてもいいかもしれません。

※私は経験がないのですが、まれにラズパイと相性の悪いマイクロSDがあるようです。
どうしてもラズパイが起動しないときは電力不足かマイクロSDを疑ってみるとよいと思います。

楽天で調べる

amazonで調べる

マイクロSDカードをフォーマットする

新品で買ったマイクロSDカードなら必要ないと思いますが、中古のカードやOSを入れなおすときには(実験失敗で入れなおすことが多々あります)マイクロSDカードをフォーマットする必要があります。

RaspbianのようなLinuxOSを書き込んだものはWindowsでフォーマットしてもだめなので、無料のフリーソフトを使ってフォーマットします。

SDカードフォーマッターを導入する

※この記事は2018年8月現在のものです。

SD Associationのページにアクセスする。

ページの真ん中くらいにダウンロード選択画面があります。
ここではWindows用をクリック。

 

 

クリックするとユーザーライセンス規約が出てきます。

ユーザーライセンス規約を読むと下のほうに同意画面がでてきます。

 

 

同意しますをクリックする。
Google Chromeだと警告画面がでます。

 

気にしないで保存をクリックします。

クリックするとダウンロードが開始されます。しばし待ちましょう。

 

ダウンロードが終了したら、ファイルからダウンロードを開きます。

 

 

その中からSD_CardFomatter・・・をクリックします。

そうするとセットアップexeが起動します。
Windowsから確認を求められたら「はい」で進めて下さい。

 

最初の画面はこんな感じです。

次へをクリック。

使用許諾契約の条項に同意します。
次へをクリック。

次へをクリックします。

インストールをクリックして開始します。

完了をクリックして終了です。

SDカードフォーマッターを起動する

マイクロSDカードをパソコンに挿入する。
挿入するところがない場合、USBカードリーダーなどを使います。

USBカードリーダーは高価なものではありません。
こちらで値段だけでもお調べください。

楽天でみてみる

amazonでみてみる

 

マイクロSDカードを挿入出来たら、デスクトップにSDカードフォーマッターのショートカットができているので、ダブルクリックで起動する。

起動画面の「カードの選択」が目的のマイクロSDカードかを確認する。
(ほかに何も接続してなければ確認しなくても大丈夫です)

WindowsのファイルからPCをクリックするとこのような画面になります。

デバイスとドライブの棒グラフみたいなところで確認して下さい。
パソコン内蔵のハードディスクやSSDはそもそもSDカードフォーマッターで認識されないので、それは消してしまう心配はありません。

確認して任意のものと一致していればOKです。
任意の物でなければ、「カードの選択」で任意の物に選びなおします。
そもそもUSBメモリなどはパソコンからすべて外しておいたほうが無難です。

 

任意のカードを選択したら、フォーマットをクリックします。

確認画面です。はいを選択します。

 

フォーマットが始まります。

これで正常に終了しました。OKで終了です。

最後に

今回はマイクロSDカードの準備をするところまで説明を書きました。

わかりやすかったでしょうか?

今後OSを入れるところも説明していきたいと思います。

お付き合いありがとうございました。
うまくいくことを願っています。