dlibで顔検出やってみた

dlib?

dlibとは機械学習や画像処理などの様々な機能をC++言語のプログラムで使用できるもの。

だ、そうです。

わたしもよくわかりません。

でもターミナルにコマンドを打ち込んでlinuxにインストールできるようなので、とりあえずやってみる。

低スぺ、ネットブックでやってみる

私のネットブックはASUSのE203Nという低スぺパソコン。

こんな感じ。メモリは4Gだったかな。

Windows10はきついのでlinuxを入れて使用しています。

でも普通のubuntuでも重いので、
さらに軽いXubuntuを入れて使っています。

こんな感じのデスクトップ。

これにdlibを入れて実験したわけです。

できた?

できました。

細かいやり方は本の丸写しになるので良心が痛むので割愛。

dlibには学習用のサンプルもあるので、それもダウンロードします。

これで顔見本ができるのですね。

お三方に登場いただきました

まずは、かしゆかさま

個人的趣味です。本当は足認識したいところですが、今回は顔で。

顔が赤い線で囲まれていますね。

顔発見の証です。

ほしのゆめみ

個人的趣味です。アニメはどうかなぁと思いまして。

結果

faces detected: 0になってる・・・ダメってこと?

何が顔の概念なんでしょうか?
目がでかすぎるのかな?

相棒ハム

検出どころかファイルを開いてもくれませんでした・・・。

論外です。

つまり

わたくしもいつまでも夢を見てないで、現実の女性の顔を認識しなさい!

ということのようです。

・・・・

私は「かしゆかさま」さえよければいつでも大丈夫。

画面の中なら。自閉症ですから・・・。