ボーカロイドで遊んでみた





ボーカロイドで遊んでみた

オーディオインターフェイス

ちょっと前にパソコンにマイクをつなげて録音しようと考えて購入した

ヤマハUR-12

こんな奴です。

オーディオインターフェイスとしては最低機種。8000円くらいで購入できる。

こちらを購入するとおまけでミキシングソフトがついてくる。

cubase AIという名前のこんな奴

こんな奴です。これがなんと無料バージョン!

これがなかなか優れもの!

ドラムやキーボードの音源が入っている。

こんな感じです。

もうこの状態でもかなりのプリセットが入っていて素人には十分。

このソフトで小節はこんな風に表示されます。

これでパターンごとにどんどん複製できるので最初の入力は大変だが
曲作りの後半はどんどん進む。もう楽しくなってくる。

その音の入力画面はこんな感じ

マウスでも入力できますがパットで演奏しながら入力もできます。
演奏がずれても後でマウスで修正できます。

つまり・・・・

楽器なんかできなくても曲が作れます!

私は譜面も読めないしキーボードも弾けないのでこれを使います!

KORGのnanoKEY2

鍵盤もどきです!

ネット経由でドライバーをインストールして使用します。
5~6000円くらいで購入できます。

それでこのcubaseではボーカロイドが使えるのですよ!

インストールして使うとこんな感じ。

ほかの音源と同じように扱える。

歌詞の入力画面はこんな感じ。

ボーカロイド独特の言い回しがあるので慣れは必要ですが、

普通に文字入力すればいいだけです。

ちなみに私の使っているのはこのボカロ。VY1v4。

初音ミクでもなんでもないやつ

これがちょっと高い・・・。
13000円くらい。

でもね、それで曲を作ってみました!

満員電車が嫌いな歌・・・・。

すいませんねぇ~

変なものきかせて・・・

もちろんマジ作曲もできます。

ボカロ抜きでインストルメンタルもいいでしょうし、

自作ゲームのバックミュージックとか、、

バンドメンバーに聴かせるカリウタなんかにも。

cubaseは無料の音源でも結構いろいろ楽しめますが、

有料版へのアップグレードもあるようです。

本気の方はどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。